大学病院の検査結果②

順番が呼ばれ、緊張しながら膠原病内科の診察室に入った。


曜日が違ったので前回と違う若い先生だった。


「眼科かかってもらえましたか?」
と聞かれて、カルテを探していた。


「はい、でも疑われてる病気じゃないっぽかったです!」
と答えたけど、先ほどの眼科のカルテを見ながら歯切れの悪い感じで


「うーん、、そうだね。眼科的にはそうかもしれないけど、、あ、唾液の検査はやってみましたか?」


そこでガムテストの結果を渡し忘れていたのに気付いてバッグから取り出して先生に渡した。


「あー、、やっぱり唾液でてないね、、ちょっと次回、唾液腺の精密検査を受けてもらえますか?」


「痛いですか!?」
と即座に聞き返したら、
「いや、最初にちょっと注射したらあとはじっと寝てるだけ。」
と言われて少し安心した。


あと、年末の結果について、レントゲンや内臓機能は問題なかったとのこと。
心配していた腎臓はクレアチニン0.54、尿検査も異常なしだったのでホッとした。
だけど抗体は出ているし、補体は下がっているので病気の疑いは強いようだ。


しかし、実際に出ているのは関節痛の症状だけなので「ステロイド治療を今の段階で行うことは過剰治療にあたるので出来ない」とのこと。


たしかに、ステロイドというと副作用が強い薬というイメージだし、飲まなくて済むのであれば飲みたくない。


けど、痛み止めはただの痛み止めだから、症状をごまかしてるに過ぎない。
できれば病気自体に効いて、これから症状が悪化するのを防ぐ薬が欲しかったけど、この日も処方されたのはリウマチクリニックでもらったのと同じ、セレコックスという普通の痛み止め薬だった。


というか、SLEなのか、シェーグレンなのか、両方なのか…それがはっきりしない。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

akipan8

Author:akipan8
ブログで記録を残したいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR